AI DATA SUMMIT Tokyo|What is Next for AI x Marketing? AI DATA SUMMIT Tokyo|What is Next for AI x Marketing?

Keynote Speaker

kazuto_ataka

安宅 和人

CSO(チーフストラテジーオフィサー)

ヤフー株式会社

ヤフー CSO(チーフストラテジーオフィサー)。データサイエンティスト協会理事。慶應義塾大学SFC特任教授。応用統計学会理事。東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程終了後、マッキンゼー入社。4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。2001年春、学位取得(Ph.D.)。ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。2008年よりヤフー。2012年7月より現職。途中データ及び研究開発部門も統括。経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 委員、人工知能技術戦略会議 産業化ロードマップTF 副主査、内閣官房 第4次産業革命 人材育成推進会議 委員なども務める。著書に『イシューからはじめよ』(英治出版、2010)。

What is AI DATA Summit?

〜AI x マーケティング最先端を学ぶ〜

A.I.分野においては、学術文献が多く発表されるなかで、マーケティングなど実務についての事例発表は少数です。AI DATA サミットはそんな声に応える為に発足しました。
東京大学という世界有数の大学にて、マーケッターとAI有識者が集まり、AI活用の最新事例や活用時の課題について語り合います。

Why Attend?

  • AI 、データ活用の最新事例を学ぶ2日間
    世界最先端の技術を駆使し、最新コミュニケーションに挑戦しているマーケッターらとともにディスカッションを行っていきます。 様々なディスカッションやセッションを聞く中で、目的を明確化し、自身への落とし込みをはかり、自社でも活用できる’活きた知識’として吸収されます。
  • 信頼できるパートナーを見つける
    ディスカッションだけでなく、ネットワーキングパーティなどの懇親を通し、迷った時、いざという時に相談、聞くことのできる人間関係 を構築していきます。通常の業務では知り合うことのない業種を超えた、同じ課題を持つ繋がりです。
  • 日常から離れ、課題と向き合うことで生まれるアイディア
    日常業務にとらわれず、与えられた時間をフルに使い、今そこにある課題を向き合います。また、非日常的な空間の中では、これまでに考えたこともない斬新なアイデアが醸造されます。ネットワークを活かした斬新なコラボレーションもこうした環境の中から生まれます。

Topic We Cover

  • AIマーケティング活用の現場報告

  • AI活用に必要な社内人材について

  • データを活用したブランドコミュニケーション

  • デジタル広告の信頼を取り戻す社内コミュニケーション

  • ブランド施策を検証し、改善するためのデータ改革

Event Summary

名称
AI DATA Summit Tokyo
日程
2017年6月6日-7日
会場
東京大学 伊藤謝恩ホール
募集人数
300名限定

Application

サミットパス
通常サミットパス:6万円(税別)
※対象:ブランド、エージェンシー、メディア、ソリューションプロバイダーの方
3名研修パッケージ:10万円(税別)
※対象:ブランド、AI関連企業(開発、サービス提供企業)
Sponsor
スポンサーシップのお申し込みはこちらから。
スポンサーメニューはこちら(PDF) >
*2017年4月21日時点